健療院グループ
健療院グループ

【お知らせ】

整体イメージ

うつ・自律神経失調症
専門の整体院
体を元気にして心も元気にする

26年間・11万人の実績と信頼

当院は、自律神経を活性化させて体を元気にさせるとともに、心も元気にさせていく整体院です。
ですから、うつも自律神経失調症も元気になっていきます。

*

自律神経失調症とは

自律神経は体の重要なところをコントロールしている神経です。たとえば、心臓と呼吸。これらが動かなければ生きていくことはできません。その他にも、血圧や内臓全体もコントロールしています。

そのため、自律神経の働きが乱れてしまうと、様々な症状が出ます。この状態が自律神経失調症です。
多い症状ですと、めまい・耳鳴り・不眠・呼吸が苦しい・頭痛・心臓がドキドキする・疲れが取れない・手足に力が入らないなどです。

*

自律神経失調症は、検査をしても異常がないことが多い

これらの症状は、隠れた病気があるので一度病院で検査をしてもらいたいのですが、検査をした多くの場合は「異常がない」と言われてしまいます。

残念ながら、自律神経の働きの乱れは病院の検査では異常と出ないため、「これだけ症状があるのに異常がないなんておかしい」と思う方も多くいます。
残念ながら、今の医療では自律神経の乱れを正確に計測することできず、医療の限界と言えましょう。

*

自律神経失調症は、検査をしても異常がないことが多い

しかし、自律神経が乱れる自律神経失調症は、昔から存在しており、そして治し方もきちんと確立されています。
ただ、現代は自律神経が乱れやすい環境であるため、自律神経失調症になりやすいと言えましょう。
ちなみに多くの「うつ」は、自律神経失調症が悪化して、自律神経の悪い状態が心にまで影響している状態です。つまり、うつも自律神経の働きが乱れているのです。

うつになると、やる気が出なくなったり、興味があったことに興味がなくなったり、不安感が出たりなど、心に症状が出てきます。

簡単に考えると、自律神経失調症は、自律神経の乱れが体だけに留まっており、症状として体に出ます。その代表例が不眠・めまい・耳鳴り・頭痛・呼吸が苦しい・心臓がドキドキする・疲れです。

一方、うつは自律神経の働きの乱れが体だけではなく心にまで広がっている状態で、先程お伝えしたやる気が出ない・興味がなくなる・不安感が出るなどになります。


自律神経とは

先程、自律神経とは体の重要なところをコントロールしている神経とお伝えしましたが、交感神経と副交感神経の二種類の神経があります。

交感神経は、頭や体を活発に動けるようにします。一方、副交感神経は頭や体を休ませて回復させる神経です。病気やケガを治すのも副交感神経の働きですし、胃腸などの内臓を動かすのも副交感神経の働きです。

つまり、日中働いたり学校に行ったりするときは頭や体を動かすので交感神経が働きます。
一方、夜は眠りますので副交感神経が働きます。
日中に活発に体や頭を動かすと疲労が溜まります。これは疲労物質となって脳や筋肉の中に留まっています。

夜になり眠りだすと、副交感神経が働き出して、この疲労物質を除去します。この時に働くのが血管やリンパ管、そして内臓です。

自律神経失調症の原因はストレスです。ストレスにより交感神経が過剰に働き続けている状態が自律神経失調症です。そのために副交感神経が働けなくなっているのです。

実は、交感神経が働くと副交感神経は働けなくなってしまうのです。ですから自律神経失調症は、副交感神経が働けないことで起こる症状になります。

例えば、不眠・めまい・耳鳴り・頭痛・痛み・しびれ・起立性調節障害・胃腸の障害・疲れが取れない・病気やケガがなかなか治らないなど、体の症状が起こります。

*
*
*

自律神経失調症が続くと、交感神経が働き続けてしまい、体のエネルギーがなくなってきます。
すると、副交感神経も働けませんが、交感神経も働けなくなるのです。 これが「うつ」です。

うつになると、体だけではなく心にも症状が出てきます。やる気が起きない・興味がわかない・過剰に自分が悪いと持ってしまう・ネガティブになるなどの症状です。

*

つまり、うつは交感神経も副交感神経も働けない状態のため症状が出ます。

*

自律神経失調症は、交感神経が過剰に働き、副交感神経が働けない状態なため症状が出ます。

*

自律神経失調症とうつは、自律神経の働きが乱れていることで起きていますので、その原因を取り除くことが重要です。

自律神経が乱れる「体」の原因としては、頭蓋骨のゆがみ・内臓のゆがみ・呼吸筋の緊張などです。また、神経機能が低下することでも自律神経は乱れます。
詳しくは、「うつ・自律神経失調症の整体」をご覧ください。

自律神経は、体の様々なところに関与しています。おそらく、体の中の97%ぐらいの働きは自律神経が行っています。そのため、自律神経の乱れは、様々な症状や病気に関与します。
たとえ風邪でさえも、自律神経が関わっており、副交感神経がきちんと働けなければなかなか治らないのです。

また、難治性の病気でさえ治りはしないですが、自律神経の働きを正常に戻せば、生活がとても快適になるのです。


代々木上原健療院(よよぎうえはらけんりょういん)は、26年間11万人の実績がある健療院グループの代々木上原の分院です。
健療院グループが独自開発した自律神経の整体法は、総院長である鈴木直人が、自ら自律神経失調症とうつを患った時に開発し、それに26年間・11万人の実績やデーターと解剖学・生理学・心理学・各種手技療法や心理療法の知識や技術を組み入れて改良されています。
健療院グループが行う研究会には、全国各地から訪れ、門下生は647名。体から心を元気にする治療院のパイオニアです。


うつ・自律神経失調症などの対処法を院内研修で常に行っている。

健療院グループ主催のうつ・自律神経失調症の研究会には、全国から多くの先生が集まっており、病院や薬で治らな方患者さんを助けられると好評です。

あなたの代役は一人もいません!
あなたが倒れたら、あなたの仕事・家事・子育ては誰がするのですか?
もうダメだと倒れる前に整体院ご来院下さい。

当整体院は、渋谷区・三軒茶屋・二子玉川・代々木上原・新宿・世田谷区など首都圏から来る患者さんが多い整体院です。
自律神経失調症、肩こり、腰痛、めまい、耳鳴り、顎関節症、冷え性、不眠症、頭痛・失感情症などの症状の方がお見えになります。


このページの先頭へ

自律神経失調症・うつ・肩こり・腰痛・耳鳴り・めまい・顎関節症・不眠症・冷え性・失感情症等の方
渋谷区・三軒茶屋・二子玉川・代々木上原・新宿・世田谷区・など首都圏からご来院です。
本院院長が出版しました。

スタッフブログ

自律神経失調症・うつのためのメールマガジン
メールアドレス

うつ・自律神経の整体専門家集団「健療院グループ」

整体師スタッフ募集

代々木上原健療院
〒151-0064
東京都渋谷区上原1-24-3 コリドール大川202
電話 03-6407-235503-6407-2355 / FAX 03-6407-2356


お知らせ

  • 整体の施術に専念できるよう、お昼休みは休養させていただいています。
    12:00~13:35までは留守番電話になります。ご了承下さい。
  • 2018/12/30(日)~2019/1/5(土)は年末年始休業とさせていただきます。
    1/6(日)は13:45に開院いたします。
  • 休院日 2019/1/9(水)